病院

ホルモンバランスがキーワード!|更年期障害に効果テキメン

最先端のガン治療

看護師

新しい放射線治療の方法の一つに、サイバーナイフがあります。的確に標的に対して放射線を照射することが出来るというメリットがあります。すべての部位のガンに対してというわけではありませんが、保険適用となる場合もあります。

» 詳細へ

個人差が大きいです

医者

多様な治療方法があります

女性の更年期障害は、女性ホルモンの低下によってさまざまな不快な症状が現れることをいいます。症状の内容によって、治療方法を選択します。更年期障害の治療方法には、ホルモン補充療法、薬物療法に加え、心理療法があります。ホルモン補充療法は、卵巣の機能が低下している場合や、女性ホルモンの減少が原因で自律神経が乱れている場合に効果があるため、人気があります。特に、生殖器の障害やのぼせ、ほてり、動悸や発汗、骨粗しょう症などに効き目があります。薬物療法に使用する薬には、主に漢方薬や自律神経調整薬、抗不安薬、抗うつ薬などが用いられます。漢方薬はホルモン剤を使用できない人でも服用できるため、人気があります。心理療法は、悩みやストレスなどが原因である場合に効果的です。カウンセリングを受けて更年期障害に効果テキメンな治療を受けましょう。

体の部位ごとに考えます

更年期障害の症状は、自分だけが感じる不快感や違和感であるため、体を検査しても異常がみられないことがあります。そのため、自分の症状がどのようなものであるのかを明確に医師に伝えることが大切です。症状を伝えることで、それに合った治療方法を選ぶことができ、更年期障害が早期に回復することができるというメリットがあります。症状を考える際に、工夫できることがあります。それは、体の部位ごとに考えてみるということです。主に9つに分けることができます。生殖器や泌尿器系、血管運動神経に運動器、そして感覚、皮膚、消化器系、精神神経などです。泌尿器系は尿に関する異変、血管運動神経はのぼせやほてり、運動器は肩こりや腰痛などが当てはまります。

検出に役立つキットの開発

hospital

病気の検出法として免疫沈降が役立ちますが、あらゆる病気に対して検出キットが開発されている状況ではありません。開発しやすい病気には特徴があり、自己免疫疾患が代表的なものです。特異的な自己抗体ができることが原因であることから、その抗原を使って検出するキットが容易に開発できるのです。

» 詳細へ

細胞の培養で医学に貢献

flower

生物の原初的な細胞であるプライマリーセルは、実験などの際に元の細胞にかなり近い反応を示します。そのため、医療現場の様々な場面で活躍している細胞なのです。購入時には、どういった細胞を扱っているか問い合わせてみるとよいでしょう。

» 詳細へ